緊急

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸器系疾患の初期症状



呼吸器系疾患の初期症状(日本語訳)
Annals of New York Academy of Science (2009)
P.92



5.5 呼吸器系疾患


チェルノブイリからのフォールアウトによって汚染された地域では、
いたるところで呼吸器系の罹患が著しく増加している。

鼻腔、喉、気管、気管支、肺などの呼吸器系の疾患は、
放射線による影響の中でも、明白なる最初の影響であり、
(症状は)鼻血や喉の刺激感から肺がんにまで及んでいた。


ホット・パーティクル、別名 ”チェルノブイリ・ダスト” は、
溶融した核燃料に由来する放射性核種と共に、
金属の建造物や、土壌、etc.からの微粒子をも含んでいた
(詳細は第1章参照)。


これらの微粒子は、ウラン酸化物の低可溶性のゆえに、
長期間にわたって肺の組織内に残存するのである。


事故につづく初期の何日かの間において
大人の口、喉、気管などの呼吸器系におこった諸症状は、
基本的に、放射性核種がガスあるいは
エアロゾールという形態であったこと関係していた。

この初期の期間においては、I-131、Ru-106、Ce-144が
呼吸器系に最も深刻な影響を与えた
(IAEA, 1992; Chuchalin et al., 1998; Kut’kov et al., 1993; Tereshenko et al., 2004)。

さらに、ホット・パーティクルと外部被ばくによって、
呼吸器系疾患にさらなるダメージが引き起こされた。

それは、また、免疫系やホルモンが変化したことも影響している。

最も小さなホット・パーティクル(<5μm)は、
容易に肺の最深部まで到達し、
いっぽうそれより大きな微粒子は、
肺より上部の呼吸気道でトラップされたのである

(Khrushch et al., 1988; Ivanov et al., 1990; IAEA, 1994)。



呼吸器系疾患の初期症状  1

呼吸器系疾患の初期症状  2



     出典






スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://infinitepower8.blog.fc2.com/tb.php/11-9a3a2412

 | ホーム | 

 

プロフィール

nanananaa8

Author:nanananaa8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。