緊急

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICRP




ICRP


民間の国際学術組織。
ICRPはイギリスの非営利団体(NPO)として
公認の慈善団体でしかない。


ICRPが出す勧告は,
日本を含む世界各国の放射線障害防止に関する
法令の基礎にされているが,
実際の資料に基づいていないため,
虚偽の情報と指摘されている。

ICRPは被曝限度を年間の総量で示しているだけで
既存の安全基準は急性被曝と慢性被曝の影響の違いを
ほとんど無視している。

緊急時になったからといって
人間が放射線に対して強くなったわけではないのです。

ICRPの一相性のモデルは
外部被ばくだけをモデル化しているので,
内部被ばく,特に低線量の内部被ばくに関しては,
モデルと実際の観察データのズレが桁違いに大きくなる。


先日,年間20ミリシーベルトの安全基準がデタラメだと
ICRPが認めたことがNHKで報道されました。

日本やIAEAの安全基準の基準となっている
ICRP(国際放射線防護委員会)で
基準を作成した委員の一人が
作業員が作業できるように基準を半分に引き下げ(緩めた)
さらに20%おまけで引き下げた(緩めた)ことを認めています。

ICRPの安全とされる基準には
科学的根拠は無い。


人々の生命・健康を守る立場には立たず,
原子力開発を進める各国の資金で,
原子力産業のために基準を作るのがICRPである


   ICRP名誉委員  てい線量のリスクはどうせわからない・・・,と既に判明している事柄にもかかわらず開き直り。


   科学的根拠はなかった  ICRP 2


   ICRP の ガン死亡リスク 被曝量の図 3



   ICRPから多額の資金  低線量被曝  4



   ICRP  0.5パーセントのリスク 死亡  5




このようなICRPの根拠のない,
「安全ではない基準」を元にし
日本国に適用するというのは愚行である。


科学的,生物学的,生物学的にも
放射線に安全な閾値など存在しない。




スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事へのトラックバック URL
http://infinitepower8.blog.fc2.com/tb.php/3-4af1ecc2

 | ホーム | 

 

プロフィール

nanananaa8

Author:nanananaa8
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。